巻き爪の原因

巻き爪の原因

なぜ、巻き爪になるのでしょうか?その原因は?

巻き爪が痛い原因

巻き爪の原因には、大きく分けて3種類あります。

  1. 靴や座り方、スポーツ等による外部からの圧迫
  2. 爪の切り方・深爪がくせになっている方
  3. 遺伝による、巻き爪になりやすい爪の形

靴や座り方、スポーツ等による外部からの圧迫とは

先の尖った革靴やヒール、硬い靴をはくスケートやスキーなどのスポーツ、斜めずわりの時の足の位置などによる圧迫。 これらが重なることにより、巻き爪になりやすくなる場合があります。靴を脱いだら足湯をするなどして、爪を柔らかくしておくと効果があるようです。

爪の切り方・深爪がくせになっている方がなりやすい

丸く深爪をすると、爪は曲がりやすくなります。丸い紙が丸まりやすいのと一緒です。巻き爪になりやすい方は、なるべくスクエアカット(爪先を真っ直ぐ切る)にして、1ミリ程度残すようにすると改善する例があります。

遺伝による、巻き爪になりやすい爪の形とは

爪の形は遺伝の影響を大きく受けます。指より大きすぎる・丸まりやすい薄さ・変形しやすいなど、巻き爪になりやすい要素を持った方もいらっしゃいます。

もし、巻き爪要素があると思った方は、巻き爪ロボ巻き爪ブロックなどで早速改善しましょう!

巻き爪は早め早めの対応が必要です。なってからより、なる前に予防!!を心がけてくださいね。

巻き爪ロボ